忙しそう

今晩は。本日も快晴
今日は基礎屋さんが暖炉を設置する台を作っていきました。
画像

まず、数日前の雨で溜まった水をポンプでかきだします。

画像


画像

型枠を組んでから、コンクリートを流し込みます。

画像

コンクリートの中から蛇腹が出てるのがわかるでしょうか?
今の住宅は気密性が高いので、暖炉で、薪を燃やしても家の中の
酸素が、少なくならないように、蛇腹を通すことで、暖炉に外からの
酸素を取り込むようにします。

画像


画像

その後残土を敷地のなかで低くなっている所に散らばして慣らしていきました。

基礎屋さんは他にも現場があるようで、忙しそうでした。
うらやましいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

姉より
2009年06月17日 11:58
暖炉の取り付けにあたって、下地の他に空気を取り込むものを入れる工事は初めてみました。今まで何度か暖炉を入れたお客様はいらしたけど、どこもリフォームで、旧家ばかりだったから。機密性の高い住宅でも安心して暖炉が付けられるんだね。
謙ちゃん
2009年06月18日 19:35
そうですね。
私も今回の工事で初めてわかりました。

この記事へのトラックバック